スタッフが辞めない医院を作る

採用

近年、医院の収入と利益が増加している、または高いラインで安定している医院はスタッフの離職率が低い傾向があります。こんなことは当たり前だと思われるでしょうが、長期的な医院経営において、スタッフの定着率を最も優先すべきだと考える院長がとても増えました。スタッフ採用の課題解決において最も効果的な方法はスタッフが定着することと揶揄する時代です。

数年前までは、定期昇給8,000円、賞与一律250,000万円、有休は計画的付与を利用した法定日数の1/2…として運営していた医院が多くありました。しかし、この数年で人事評価制度の導入が進み、医院の売上や利益から賞与を決定したり、Dhスタッフ毎の保険点数を計算したり、毎月のミーティングで業績の確認や運営方法の改善をしたり、院内システムを一元管理してWeb上で院内管理したり、医院経営を強化している医院が増えてきました。

その過程で、私にコンサルティングを依頼される医院の中でも、安定した収入や利益を確保し続ける医院の院長は、「スタッフの定着が無ければ、医院のノウハウが残らない」「スタッフの募集コストが一番高くつく。それなら今いるスタッフの給与に回しても良い」「スタッフに興味を持って、積極的にコミュニケーションをとることが今の院長には必要なスキル」と、スタッフの定着率強化に尽力されています。

今や寿退社は死語と言われ、結婚や出産などの転機がある女性スタッフでも医院での勤務継続を希望されます。院長にとって有り難い時代が来ております。もし、あなたの採用した21歳新卒の衛生士が65歳まで働いてくれたとしたら、44年間自院で勤務してもらえることになります。永年勤続で医院のノウハウが構築され、募集コストもかからず、医院長にとってこれほど有難いことは無いと思います。今こそ、時代の流れに感謝し、現状のスタッフとの向き合い方を大切にして、医院の発展とスタッフの能力発揮を考える時です。それでは、どのような医院経営、運営をすればスタッフが辞めない、辞めにくい医院が成り立つのでしょうか。

 

スタッフが辞めない医院をつくる3つの定義

スタッフ定着率の安定、即ちスタッフが辞めない医院を作る方法として私が掲げる3つの定義はこちらです。

スタッフ定着率向上のための3つの定義

  1. スタッフの個性を見る
  2. スタッフの頑張りを成果にする
  3. スタッフの評価を報酬に繋げる

この3つの定義を仕組み化するべく、院長はスタッフとの関係性の構築を考えてください。人事評価制度をきちんと導入できていない医院でも院長が意識するだけで医院が変わります。このサイクルが回れば、スタッフが自主的に成果を上げるようになり、医院は安定した利益を確保することができるようになります。報酬が増えてスタッフの定着化が進み、結果としてスタッフの採用に強くなります。

 

報酬に迷いがあるなら、『給与・賞与改定セミナー』へご参加ください

春は給与改定の季節です。
給与改定や賞与支給に一定の基準がなく、毎年頭を抱えている院長は、当社セミナーへの参加をご検討ください。給与や賞与の基準だけでなく、スタッフ評価の方法や利益の還元方法についてもご案内いたします。講座内でそれぞれ貴院のスタッフを評価していただき、支給シミュレーションを行います。正しくスタッフの頑張りを報酬に反映できているか、利益に対して人件費の適切な分配ができているか不安な方、人事評価制度構築の第一歩となる当セミナーへのご参加をお待ちしております。

セミナー参加のお申込み

 

給与・賞与改定セミナーへのご案内

 

提供:歯科専門 増患・増収.com
【新経営グループ】■ 新経営サービス清水税理士法人 ■ 株式会社新経営サービス
会計を中心としたコンサルティングを行い、歯科医院経営に携わる。「歯科医院のためのスタッフ人事評価制度マニュアル」作成を機に、歯科人事コンサルティングに取り組む。歯科専門コンサルタントとして歯科医院の改革を行い200医院を超える実績を持つ。

TOP