お問合わせ 075-343-0870 受付時間:9:00〜18:00(土日祝休) 新経営グループ

menu

ニュース&コラム

スタッフの結婚退職を考える

スタッフが結婚・出産等で退職した場合でも、永続的に医院は発展していけるか否か?これは、夢歯科セミナーに参加いただいた院長の質問です。開業年数が長い院長ほど、医院経営を左右する悩みとして、とらえていらっしゃるのではないでしょうか。
続きを読む 続きを読む

医院での賞与の決め方

医院において、賞与は本来、「医院の業績」と「スタッフ各人の評価結果」 によって決定されるものであり、世間の水準は全く無視するわけにはいかないものの、「業績・評価」によって、変動が余儀なくおこなわれるものです。このことを、スタッフに認識させ、日々の業務の成果であることを伝えます。
続きを読む 続きを読む

患者様か患者さんか?

2008年8月24日の日本経済新聞に、患者の呼び方という見出しで、患者の呼び方が、様からさんへ揺り戻しがおきているとの記事が紹介されていました。京都大学病院が、2006年9月から2007年5月にかけて、「患者様」という表現の掲示物や呼び方を、一斉に「患者さん」に変更したということです。
続きを読む 続きを読む

医院における経営理念(3)経営理念の見せ方

前回のコラムでは経営理念の見せ方を紹介しました。今回は経営理念の使い方を紹介します。理念を使うことは、活用すること。活用することは、浸透することです。 以下に具体的活用策をあげています。
続きを読む 続きを読む

医院における経営理念(2)経営理念の見せ方

前回のコラムでは経営理念の作り方を紹介しました。今回は経営理念の見せ方を紹介します。
続きを読む 続きを読む

医院における経営理念 (1) 経営理念の作り方

前回のコラムでは医院における経営理念を紹介しました。今回は経営理念の作り方を紹介します。
続きを読む 続きを読む

医院における経営理念

これから3回にわたって、「医院の経営理念」を取り上げます。経営理念の「第1回 作り方」、「第2回 見せ方」、「第3回 使い方」を紹介しますのでみなさまのお役に立てていただければと思います。その前に今回はそもそも経営理念とは何か?を簡単にふれてみます。では質問です。みなさんの医院は経営理念をお持ちでしょうか?
続きを読む 続きを読む
激動の歯科業界で「勝ち組」になるために、ぜひ一度お問合せを! 無料ご相談のお申込はこちら WEBよりお申込みの方には、小冊子「歯科医院のためのスタッフ人事評価制度マニュアル」をプレゼント!